身近な存在になってきているホームロイヤー

弁護士事務所には、ホームロイヤーと呼ばれる制度を導入するところも増えてきました。これは、家庭版の顧問弁護士のようなもので、何か法律問題が発生したり、発生しそうな時、専属で解決や相談にあたってくれる制度です。いわば、かかりつけのお医者さんのような感じで、困った時に頼りになる存在となっています。弁護士、というと敷居が高いような印象を受ける人もいるでしょう。しかし、顧問料も負担の少ない設定になっているところが多く、安心して依頼できる環境が整ってきています。

増加する家庭を取り巻く法的トラブル

こうした背景の一つとして、一般家庭を巻き込んだ法律トラブルの増加が挙げられるでしょう。例えば、消費者を欺く悪徳商法は、いつ誰がターゲットになってもおかしくありません。また、人間関係の希薄化などにより、ご近所トラブルも増えてきています。些細なことから大きな紛争に発展するケースもあり、テレビのニュースなどで見ることも多くなりました。遺産相続の問題は、今も昔も揉めごとになりやすく、親族の間に修復できない亀裂が入ることさえあります。

ホームロイヤーを利用するメリット

こうした問題の解決や予防には、法律のプロである弁護士のサポートが不可欠です。日頃からお世話になるホームロイヤーを決めておくことで、いざという時も安心というわけですね。弁護士事務所によって違いますが、ホームロイヤー制度を利用すると、無料での法律相談、優先的な依頼受付、弁護士報酬の割り引き、などといった特典がついてくることが一般的です。また、継続的な付き合いとなるため、家庭の事情などを把握してもらいやすく、それぞれに合ったサポートを提供してもらいやすくなるのも、メリットと言えるでしょう。

鹿児島の弁護士事務所の最適な探し方は内容を確かめ、今後の人生を変えるきっかけになるように選ぶと効果があります。