接客も商品の一つという意識

飲食店であれ雑貨屋であれ、商品を提供するお店には接客が伴います。その際の意識として大切なのは、接客も商品の中に含まれるということです。単に商品を紹介し、会計をする作業をするのみではなく、お店の中に立っている以上は身なりや立ち振る舞い、そして接する際の言葉遣いや表情まで、すべてにおいて良い印象を与えるように意識をしなければなりません。接客マナーが悪いことで、客足が遠のいてしまう場合も珍しくないためです。

接客マナーがよければ商品も売れる

お客さんが買い物をする際に、スタッフがどのように接客をしたかによって商品が売れるかどうか変化することがあります。優れた接客マナーで迎えることができれば、購入するかどうか迷っている場合は接客次第で決定を判ずることもありますので特に重要です。時には買うつもりのなかったものまでをも、スタッフの印象によって購入してしまう場合もありますので、お客さんの目にどう映るのかを常に意識し続けるように心がけなければならないのです。

お客さんに合わせた接客マナーを

接客マナーとは身だしなみ、言葉遣い、表情、ちょっとした動作までありとあらゆる部分にまで及びます。状況や相手に合わせてどのように接するのかを臨機応変に考え、対応していかなければなりません。来店するお客さんの年齢層や態度、目的は様々ですので、少しでも多くのお客さんと接し、経験を積んでいくことが重要になります。それぞれに適した方法で接客をすればお店の印象も良くなり、リピーターとしてまた来店してもらえる可能性は上がります。

会社の業務の効率化を図ったり、社内の風土を変えるという目的で、就業規則を変更するためのコンサルティングサービスがあります。