分散投資をすることでリスクを下げる

株価の上昇やインフレの到来によって資産運用への関心が高まっていると言われています。NISA制度の開始もその後押しになっているかもしれません。資産運用ではリスクを下げることが大切になりますが、リスクを下げるセオリーの一つに分散投資があります。自分の資産を同じ株式銘柄等に集中させると株価が下がった時のダメージが大きいですが、いろいろな銘柄に分散することで、すべての銘柄の価格が下落するというリスクを避けることができるでしょう。

ポートフォリオ効果でリスクを下げる

リスクを下げるもう一つのセオリーに、ポートフォリオ理論があると言われています。ポートフォリオ理論とは、自分の資産をどの資産にどのぐらい割り当てるかというアセットアロケーションをする段階で、メインとなる投資の銘柄とは違う動きをする銘柄を組み込むことによって全体のリスクを下げる効果があるというものです。自分の資産運用を考える場合には、この理論をしっかり頭に置いてアセットアロケーションを考える必要があるでしょう。

長期投資でリスクを下げる

もう一つの資産運用におけるリスク低減のセオリーとして、長期投資が挙げられるでしょう。長期投資は文字通り、自分が投資した金融商品等を長期間売却せず保有し続けることをいいます。短期的に見ると、金融商品は値上がりする場合もあれば値下がりするリスクもありますが、長期的に保有することによって、その金融商品が本来持っている収益率が実現される可能性が高められるというわけです。長期的に金融商品を持ち続けることは辛抱がいるかもしれませんが、資産運用をする場合の有効な手法として知っておくといいでしょう。

ファンドラップとは、投資を一任する投資サービスのことで、投資者に合わせて複数の投資信託を購入し運用するサービスのことです。