レバレッジの効果とリスク

FX取引には、証拠金取引という仕組みを利用していますので、口座に入れている金額を超える大きな金額で通貨を売買できるレバレッジという効果があります。一般的なFX会社では口座に入金している金額の20倍前後までレバレッジを掛けることが出来ますが、利益を大きく見込める一方で、損失を被るリスクも大きいため、十分なリスク管理が必要となります。レバレッジをいっぱいに掛けることで、入金している金額以上に損失を出してしまうことが無いようにしたいですね。

取引できる通貨の種類

FX取引では、アメリカドルや中国元、スイスフランやオーストラリアドルなど、様々な国の通貨を売買することができるので、各国の経済状況に応じた取引が可能です。経済がうまく回っている国の通貨は、世界中の投資家から買われる傾向がありますので、世界経済に詳しくなれば、それだけ有利な取引が可能となると言えるでしょう。また、取引できる通貨はFX会社によって異なっていますので、取引口座を開設する前には売買したい国の通貨を取引できるかどうか調べるようにしましょう。

スワップポイントの大きさ

FX取引では、金利の低い通貨で金利の高い国の通貨を購入していると、通貨間の金利差の分だけお金を受け取れるスワップポイントが毎日付くことになります。反対に金利の高い通貨で金利の安い通貨を購入していると、金利差の分だけマイナスのスワップポイントが付きますので、毎日金利差の分のお金を支払う必要があるのです。日本円は世界的にみても低金利の通貨ですので、オーストラリアドルやトルコリラなどの高金利通貨を購入していると毎日スワップポイントが付きますので、外貨預金よりも高い金利が受け取れるメリットがありますよ。

FXは資産を大きく増やすことが可能な優秀な投資方法です。日本円や米ドルなどの通貨を売買して利益を得ることが出来ます。