英語力が問われ始めています

大学入試だけでなく、就職や会社に入ってからも継続して英語力は問われるようになってきましたよね。入試では、英語の試験が問われるのが大半であり、もし資格試験のスコアが高かったり上級資格を持っていれば試験が免除されるケースもあります。就職や人事評価の際には、英語試験のスコアが聞かれ、ある程度のスコアがあれば海外支店で働くことも可能性としてはあります。他の科目の勉強や仕事の合間を縫って、英語の能力の維持とレベルアップは必要になってきています。

リスニング力を上げよう

日本で生活をしていると、耳に入ってくるのは日本語ばかりです。日本で生活している私たちの耳はあまり英語に慣れていないと言ってもよいでしょう。資格試験勉強のために英語のリスニングCDを聞いても、最初は全く分からないかもしれません。しかし、スクリプトを見たり、日本語訳を頭に入れてからもう一度聞くと、最初はわからなかったものがはっきり聞こえることがあります。こういった練習を繰り返していくことで、初めて聞く英語でも聞き取れるようになってきます。

リーディングのスピードを上げよう

大学受験を経験した人の中には、ある程度のレベルなら英文が読めるとか、単語の意味さえ分かれば文章の意味が取れるという人がいるでしょう。資格試験で高い点数を取るためには、正確に読む力だけでなく読む速さも問われます。資格試験では試験時間が限られているので、決まった時間内に問題を正確に大量にこなしていく力が必要ですよ。文章を読むためには、単語の力をアップさせ、文章を左から右へ、上から下へそのまま理解できるように訓練してきましょう。

日本経済を支えている中小企業のために、中小企業診断士になるのは良いことです。そんな時は中小企業診断士の講座を有効活用して勉強してみると良いでしょう。