本屋で参考書と問題集を探す

宅建の資格を独学で勉強しようとすると、まず悩むのは参考書と問題集の選び方になりますね。資格の学校や通信講座を利用しないのであればこの参考書と問題集の最初の選び方はすごく重要になります。そこでその選び方を知っておいてほしいと思いますが、まず重要なのは自分が分かりやすいと思ったものを選ぶということです。自分が見て分かりにくかったらそれを選ぶのはやめてください。そうしないと結局は勉強が続かなくて途中で挫折することになるからです。そして次に重要なのはシリーズで揃ってるものを選ぶことです。参考書はこの出版社、問題集はあの出版社というように別々に選ぶのはやめましょう。別々にしてしまうと参考書と問題集が繋がっていないので、ちんぷんかんぷんなることがあるからですね。

参考書をまずは読んでみる

さて、参考書と問題集を本屋さんなどで探してきて、自分にあったものが見つかりましたね。そうすると次にこれらを利用して勉強を始めるということになるわけですが、最初に一体何をすれば良いのでしょうか。1番最初に勉強を始める場合には参考書を読み始めることですね。そしてここがポイントなのですが、参考書は最初からわからなくても全然大丈夫ということです。まずはどのようなことが書かれているのかを把握するような程度で大丈夫です。細かい事までよく覚えていなくても焦ることないのでゆっくりと参考書読んでみましょう。

過去の問題集を制覇する

そして参考書を一通り読み終わってなんとなく全体的なことがわかってきたら、次にすることは問題集を解いていくということです。これが宅建の試験に最も重要なこととも言われていますね。この過去の問題集を全て解けるようになれば合格したといってもいいくらいなのです。もちろんタダ解ければ良いだけではなく、正解の理由や不正解の理由も答えられるようにしてから問題集を全て解けるようになることがポイントです。このようにすれば本番での宅建の試験で問題が解けるようになり、合格することができるでしょう。

宅建の講座は、スクールで先生に教わりながら受講するスタイルと通信教育の講座を受講するスタイルがあります。