行政書士を独学で勉強してみるという方法は?

行政書士の勉強する上で選択の一つとして独学で勉強するということがあげられるでしょう。勉強をすることが苦手でない人や、通信講座や資格の学校への通学といったお金がかかることをすることができないような人も独学という選択をすることになります。しかし、なかなか行政書士の資格試験は難しいものになってきています。独学で勉強して合格することも不可能ではありませんが、できるだけ効率的に勉強するためにはやはり通信講座や資格の学校への通学といった方法を選ぶ方が良いかもしれませんね。

行政書士を通信講座で勉強してみるという方法は?

行政書士の勉強をする場合で考えられるのは通信講座という方法があります。通信講座というのは資格の学校などに通う必要は必要は特になく、自宅で送られてきた参考書や問題集を元に勉強するという方法です。この場合は資格の学校から送られてくる参考書や問題集で勉強するので、その内容自体は通学することとあまり変わりないかと思います。しかしこれは自分でちゃんと勉強できる人であれば大丈夫ですが、途中で勉強しなくなるような人は通信講座で勉強することはやめた方が良いでしょう。途中でやらなくなってしまっては通信講座の費用が台無しになってしまいますからね。その反面、ちゃんと自分で勉強できる人はこの方法が良いものとなるでしょう。

行政書士を通学して勉強してみるという方法は?

そして次に考えられるのが資格の学校に通学をして勉強するという方法です。これは家で勉強するものと違って、通うことになりますので時間自体が結構かかるものです。しかし家にいるだけではなかなか勉強しないという人は、通うことによって勉強することができるので、半ば強制的に勉強を続けていくことができるようになります。そのため途中で挫折するようなことが独学や通信講座に比べて少ないでしょう。またわからないこともすぐに質問することもできますし、同じ勉強する仲間も見つけることができるのでモチベーションを保つことができるものです。そのため通学する時間がある人や金銭的にも問題がない人はこの方法をとることが最も合格するための近い方法となるでしょう。

近年、行政書士の試験の難易度が上がっているといわれています。合格率は8%から9%程度。平姓26年度の合格率は8.27%でした。